ユーザー満足度と収益力を兼ね備えたポータルサイトへ

スキー、スノーボードなどウィンタースポーツのポータルサイトです。 全国のスキー場検索や早割リフト券販売など便利でお得な機能を提供しています。

クライアント概要
会社名
株式会社PSJコーポレーション
事業内容
スノーボード、スキーの催事販売及びイベントの企画運営(JSBC・スノーボード天国等)
本社
大阪府河内長野市木戸2-22-17

WORKFLOW 01 - 初期提案

プロジェクト経緯/ウィンタースポーツ No1 ポータルサイトを目指して

PSJコーポレーション様は、日本最大級のスノーボードイベント「JSBC」や 大阪ドームでの常設展示販売会、全国スキー場の早割リフト券販売などを手掛ける、 スキー・スノーボード業界のリーディングカンパニーです。
その実績と経験をもとに全国のスキー場情報と早割リフト券販売を網羅する スキー・スノーボードのポータルサイトを新設することになりました。 スキー場検索機能と早割リフト券販売をフックにユーザーアクセスを獲得し、 販売チャネルまたは広告媒体としての価値を高め、収益をあげていくことを目的としています。
サイト構築にあたり、WEB制作会社数社でコンペを行った結果、 プロモーション~コンテンツ~運用体制~評価改善まで 一連のマーケティングシナリオを提案した私たちのプランが評価され受注となりました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

企画構成/プロジェクト方針

このサイトは、コンテンツ管理システム(CMS)とEコマースが組み合わされた、 複雑なシステム構築が要求されます。このようなプロジェクトの場合、 私たちが心がけることは「システム開発」が目的にならないように心がけることです。 プランニングの起点が「どのようなシステムを開発するか」ではプロジェクトは失敗に終わります。 まずは最終成果獲得のための成功シナリオを策定し、それに沿ったシステムを開発することが重要です。 私たち開発チーム全員がこの意識でプロジェクトに取り組みました。

企画構成/CMS導入で効率的な情報配信体制を

リフト券販売、ニュース配信、ゲレンデページ更新と柱となるコンテンツを 相互に連携させるために、イベントカレンダーなどを効果的に配置、構成しました。
クライアントが運営する更新管理システムの他に、 各スキー場が個別に管理できるようにそれぞれ独自に管理画面を設計しました。

サイト設計/リフト券販システムを業務フローから見直し

ECサイトに必要なショッピングカートやカード決済システムへの繋ぎ込みはもちろんのこと、 既存のリフト券販売システムでは難しかった実店舗との在庫の連動管理から一括での発送処理まで、 新システムの開発ですべての業務を処理可能にしました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/幅広いユーザーに受け入れられやすいデザイン

ウィンタースポーツのサイトにありがちな、エッジの利いたスピード感のあるデザインを取り入れつつも、 パステル調のカラースキームと柔らかいタッチで、老若男女問わず幅広いユーザーに訴求したデザインをめざしました。

システム開発/膨大なトラフィックとスキー場の情報配信を捌くシステム開発

次々と更新されてくる、各スキー場のリアルタイム情報の表示と 大量のアクセスにも影響されないサーバー運営を可能にするために、 使用するフレームワークなどの開発環境をいちから選定しました。

システム開発/効率的な開発体制

バグトラックシステムの導入による、タスク管理の徹底で、 作業量の把握や無駄な作業の軽減など、開発工期の短縮を実現しました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

運用/サイト保守運用全般を担当

オフシーズンでも常に高い媒体価値を保つための工夫が今後の課題となっています。 会員制コミュニティーサイトの構築や、それによるユーザーの自発的な情報発信など、 生まれてくる情報をサイトのコンテンツとして有効活用していける仕組み作りを継続して行っています。

全体レビュー (獲得成果)

販売ペースを大幅更新

公開半月で前年度の販売ペースを大幅に更新しました。
アクセスアップ施策はもちろんのことカゴ落ちや決済ミスの減少など、 ユーザビリティーの向上が起因していると思われます。 順調な滑り出しを見せたウィンタープラスですが、 プロモーション強化やスキー場情報の充実など、まだまだやり残した宿題があります。 ウィンタースポーツのナンバーワンサイトになるよう、積極的にサポートしていきたいと考えています。