お客様とのふれあいを大事にする企業姿勢を訴求

配置薬サービス大手、常盤メディカルサービスのコーポレートサイトです。企業コンセプトの紹介と採用情報を中心に構成しています。

クライアント概要
会社名
株式会社常盤メディカルサービス
事業内容
医薬品の一般販売及び配置販売等
本社
大阪市中央区安土町3-5-12 住友生命本町ビル7F

WORKFLOW 01 - 初期提案

プロジェクト経緯/過去のお付き合いからお声掛け

常盤薬品工業様のWebサイトリニューアルを担当させていただいたのち、常盤メディカルサービス様のWebサイトリニューアルもご発注いただきました。
当初は人材を確保するため、リクルートを中心としたサイト構成を想定されていましたが、採用候補者に届くメッセージ性の高いサイトに発展させるため、企業の強みや魅力を十二分に訴求できるコーポレートサイトを構築することとなりました。
プロジェクト当初から納品まで、クライアント様の多大なるご協力をいただきました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

企画構成/サービスを見つめ直すことからスタート

配置薬業を改めて見つめ直してみると、歴史があり成熟された事業であると共に、単に薬を売り歩くのではなく、地域に根差した暖かなコミュニケーションの上に成り立っている商いであることに気付きます。
そこを企画の出発点にしました。

サイト構成/提供するものは製品だけじゃない

前述のように、常盤メディカルサービス様が提供しているものは、製品だけではないことを訴求するために、サービスポリシーの掘り起こしを提案しました。
最終的に、グローバルナビにサービスポリシーを訴求するコンテンツを配置しました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/企業カラー+人物ビジュアル

ノエビアグループ 常盤薬品のイメージカラーを崩さずに、人と人とのコミュニケーションを訴求する人物ビジュアルとのバランスに留意しました。

フォト/現地の顔・現地の雰囲気

トップページのビジュアルでは、「みなさまの健康をサポートする身近なくすり箱」を表現するために、「軒先で薬箱を通してコミュニケーションしているお客様と販売員」のビジュアルに決定しました。
しかし肝心の軒先を探しまわることとなり、京都・奈良の町屋を2日間視察しました。なかなか「これだ!」という軒先が見つからないなか、プライベートでフラッと入ったお茶屋さんで遂に出会うことができました
採用情報ではクライアントに社内撮影をお願いし、現地で働く晴れやかな社員の方たちの姿をご提供いただきました。

WORKFLOW 04 - 公開運用


公開後の運用は特に行っておりません。

全体レビュー (獲得成果)

成果/申し込み数の大幅増加

サービスイメージの向上や人材確保はもとより、新たな配置薬の引き合いが増加したとのことです。