暑中見舞いに、ハガキだけでなくサプライズなコンテンツを

夏の風物詩と言えば、夜空に浮かぶ花火。
暑中見舞いの特別コンテンツとして、笑いと驚きをコンセプトに「WEB京橋花火」を制作しました。携帯電話やウェブカメラと連動し、画像を送ると、花火として打ち上がります。

クライアント概要
会社名
自社コンテンツ

WORKFLOW 01 - 初期提案

自社のコンテンツとして、笑いと驚きをコンセプトに社内コンペを行い、企画・制作しました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

暑い夏に「笑い」と「驚き」を
京橋花火キャンペーン

暑中見舞いのコンテンツとして、暑中見舞いハガキと連動したサイトを企画。ハガキは、取引のある顧客様を中心にお送りしました。
ハガキ自体にも単なるメッセージだけでなく、花火とともに夏の名物詩である蚊取り線香を同封しました。
サイトにアクセスした人には「笑い」として、携帯電話で蚊が撃退できるモバイルコンテンツも用意。キャンペーン実施時はプレゼント懸賞を行い、「なにわ淀川花火大会」観覧席ペアチケットや、夏に役立つグッズを詰め合わせたノイ福袋などをご用意しました。

花火で涼を感じ、モバイルコンテンツで蚊を撃退という、二度美味しいおもてなしを提供しています。

WORKFLOW 03 - 制作開発

京橋花火キャンペーン
京橋花火

サイトにアクセスすると、ケータイかウェブカメラかを選択する画面が現れます。ケータイの場合は、手持ちの画像をQRコードで指定されたアドレスに送り、ウェブカメラの場合は、撮影した画像を送信すると、それらの画像が花火の柄となって夜空に打ちあがります。
キャンペーン期間中は、他の人が上げた花火も同時に見ることができました。

蚊を撃退するモバイルコンテンツ
京橋花火キャンペーン

蚊の特性について調べてみると、血を吸うのはメスだけで、メスはオスの羽音を嫌うことが分かりました。
そこで、メスが嫌うオスの蚊の羽音を利用し、電子蚊取り線香のようなコンテンツを作成しました。単に音が出るだけでは風情がないので、懐かしいラジオに見立ててチューンを合わせることで、様々な曲調で蚊の撃退音が流れるようになっています。
思わず笑ってしまう蚊の羽音だけで演奏される曲も、社内で作成しました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

社内にて運用しています。

全体レビュー (獲得成果)

クライアント様より好評を得ました。