グッドデザイン賞 受賞製品の世界観をコンセプチュアルに表現

大手水栓メーカー、三栄水栓製作所のアジア向けサイトです。
2007年度グッドデザイン賞を受賞した「Kiwi Tap」はじめ、デザイン性が高く、使いやすい高付加価値な水まわり製品を紹介しています。

クライアント概要
会社名
株式会社三栄水栓製作所
事業内容
水栓金具、バストイレタリー製品の製造販売
本社
大阪市東成区玉津1-12-29

WORKFLOW 01 - 初期提案

リニューアルの目的/新製品のプロモーション強化

三栄水栓製作所様はデザイン性の高い水栓製品を次々と発売しており、その動向は業界でも大変注目されています。
特に、動物のキーウィをモチーフにした水栓製品「Kiwitap」は、2007年度グッドデザイン賞を受賞するなど、高い評価を獲得しています。
この「Kiwitap」を中心にいくつかの製品を海外向けに新たに投入するため、サイトをリニューアルすることになりました。

従来のサイトは私たちが2004年に手がけさせていただきましたが、その実績を評価いただき今回は指名発注をいただきました。

前回のプロジェクト

WORKFLOW 02 - 企画設計

<企画/Kiwitapのクリエイティブ表現>

まず私たちはKiwitapが持つ機能的価値、情緒的価値を整理することからはじめました。
その結果、滑らかなフォルム、人にやさしい製品である点に着目し、「人に手に親しい、すでに、使いなれたデザイン。」をコンセプトに、以下のクリエイティブ展開を提案しました。

  1. すぐれたデザインとは実用に裏付けられたデザイン
  2. それは、日本の伝統工芸にも通じるスピリッツ
  3. 水がたまらないR曲線。それは日本の漆塗りを彷彿とさせる
  4. 生活の中で研ぎ澄まされたカタチや味わいをすでに持ち合わせたデザイン
  5. だから、いろんな世代の人の手やライフタイルにマッチする
  6. デザイン=コミュニケーション「人×モノ、人×自然 、人×人」

<企画/バスライフを楽しむ体験型コンテンツ>

Kiwitap以外に、タオルリングやスポンジホルダーなどバスアクセサリー製品も紹介することになりました。 パステルカラーを用いた可愛いデザインで、使いやすさや安全性に徹底的にこだわった製品です。
アクセサリー製品の場合、単品訴求するよりもコーディネート訴求したほうが効果的だと考え、「あなた自身が浴室をデザインする、デザイナー」をコンセプトとした体験型コンテンツを提案しました。 ユーザー属性に応じた3つのシーンを用意し、好きなコーディネートを体験できるコンテンツです。

WORKFLOW 03 - 制作開発

<デザイン/製品フォルムを強調するFlashコンテンツ>

Kiwitap紹介ページでは、黒色を背景に光と影で製品を見せるデザインを提案しました。
さらに製品フォルムに沿って動くモーションタイポでフォルムの美しさをより強調しました。
Flashコンテンツの最後に製品設置シーンのフォトを用意し、イメージ喚起も狙っています。

<デザイン/遊び心を取り入れたコーディネート体験Flash>

バスアクセサリー製品用にコーディネート体験ができるFlashコンテンツを制作しました。
壁の色やデザインパターンを選んで、その上にアクセサリー製品を配置できるものです。 単に配置できるというだけでは面白味に欠けるので、実際の生活シーンを連想させるモノがランダムに飛び出てくるというギミックも入れました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

公開後の運用は特に行っておりません。

全体レビュー (獲得成果)

効果測定中です。