顧客への同調をテーマにしたWEBマーケティングの提案

発毛サービス大手、リーブ21の公式サイトです。
サービス紹介はもとより、インターネット相談室、ヘアケア製品のネット通販など総合窓口として展開しています。

クライアント概要
会社名
株式会社毛髪クリニックリーブ21
事業内容
頭髪の発毛施術サービス及び関連商品の販売
本社
大阪市中央区城見2-1-61

WORKFLOW 01 - 初期提案

プロジェクト経緯/全社的なWEBへの期待

私たちが初めてリーブ21サイトリニューアルを担当したのは2003年春でした。
従来のWEBサイトは使いやすさ、デザイン、コンテンツとも古くなっており、営業的な機会損失が課題となっていました。そこで制作会社3社によるコンペが実施され、私たちの申し込み獲得のための具体案が評価され、受注となりました。
このコンペ発表会にはリーブ21岡村社長も同席されるなど、全社的なWEBサイトへの期待や意気込みが伝わってくるものでした。
このリニューアルでは申込数アップやWEBセキュリティの向上など、多くの成果を獲得することができました。

以降、継続的にサイトの保守運用を担当させていただき、2004年秋にコンテンツのさらなる充実を図るため全面リニューアルを実施しました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

企画構成/サービスへの正しい理解促進を

積極的なマス広告展開のおかげでリーブ21の知名度は非常に高いものになっています。
ある統計調査では純粋想起率が90%を超えています。しかしながらサービスに対する理解は必ずしも高くはありません。 リーブ21の最大の特長は「発毛させるサービス」。
カツラや増毛、植毛とは違う、自分の髪を生やせるサービスということです。
私たちは正しいサービス理解を促進するため次のコンテンツを提案しました。

原稿作成/薬事法への対応

ヘアケア業界には薬事法の広告表現規制が適用されます。リーブ21においても例外ではありません。
発毛成功率が95%以上という実績をあげていても、それを伝えることは薬事法違反となります。
また薬事法以外にも各広告媒体社独自の表現ガイドラインもクリアしなければなりません。
私たちは薬事法専門家との協力で表現の最適化を行った結果、これらの基準を満たすことに成功しました。

サイト構成/お客様視点に立ったサイト構成

発毛サービスを初めて受けるお客様は不安でいっぱいです。少しでもこの不安を和らげてあげるために、私たちは2つのちょっとした工夫をおこないました。

1つ目はお客様視点でのナビゲーションボタン名です。
「システム案内」ではなく「システムを知る」。「実績一覧」ではなく「実績を見る」。
「店舗検索」ではなく「店舗を選ぶ」といったように、徹底的にお客様の行動目線に立ったラベリングを行っています。

2つ目はメッセージ性のある文章です。
「みなさんに〜」ではなく「あなたに〜」という呼びかけをすることで、少しでも気持ちを届けたいという意思を表し、親近感を持ってもらう狙いです。

システム設計/ASPの見直しでコスト削減

従来のサイトは、モバイルページ生成ASP、問い合わせ管理ASP、メルマガ配信ASPなど多くのASPを導入していました。しかしながらASPどうしの連携が悪く、コストも高くついているなど多くの課題を抱えていました。
私たちはこれらのシステムに見直しをかけ、不要ASPの契約解除、乗り換えなどを提案し、コストダウンと利便性向上を実現しました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/発毛の持つ力強さを表現

発毛は自分の髪が生えてくること。その力強さを表すため、太ゴジック系フォントを採用しました。

システム開発/業務効率化を図るシステム開発

コンテンツ更新システムや問い合わせ対応システムなど、リーブ21ご担当者の業務負荷を軽減するシステムを独自開発、導入しました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

保守運用/WEBサイト運用全般を担当

保守運用契約を結んでWEBサイト運用全般を担当しています。
リーブ21はここ数年、毎年10%以上の成長を続けています。
このスピードに負けないよう、WEBサイトも発展させていきたいと考えています。

改善提案/テーマサイトを提案・開設

さらなるコンテンツの充実を図るため、新しいテーマサイトを随時提案しています。
私たちが手掛けたテーマサイトは次のとおりです。

全体レビュー (獲得成果)

成果/申込数の大幅増加

リニューアル前後で申込数が数十パーセントアップしました。
私たちがはじめてリーブ21WEBサイトを担当させていただいた2003年から比べると、会員数も2倍以上になりました。
http://www.reve21.co.jp/company/about/outline.html

これからもリーブ21のサービスの良さを多くの人に伝えていけるように、アイデアをしぼっていきたいと思います。