情報設計を見直し、商品利用客・販売見込客へアピール。

写真店様向けの写真処理機器を製造・販売するノーリツ鋼機様のサイトリニューアルです。前リニューアルに続き、弊社で担当させていただきました。
コンテンツの再編成を行い、商品利用客・販売見込客、消費者間の連携を図ることでサポート強化、新規引き合い獲得を目指しています。

クライアント概要
会社名
ノーリツ鋼機
事業内容
写真処理機器、ならびに周辺機器の製造および販売
本社
和歌山市梅原579−1

WORKFLOW 01 - 初期提案

旧サイトは写真店のみをターゲットにしており、専用ページにおいて充実した会員サポートを行っていました。その一方で、販売見込客へのアピール、消費者向けの啓蒙コンテンツが弱く、各サイト間の連携の希薄さが課題であると考えました。

そこで、商品利用客・販売見込客に向けて、商品の魅力をアピールするコンテンツを強化しつつ、消費者向けには「お店プリント」の楽しみを提案し、リアル写真店への送客につなげるサイト制作を提案しました。商品サポートに留まらない、ノーリツ鋼機様の写真ビジネスサポート体制をアピールすることが当プロジェクトの目的です。

WORKFLOW 02 - 企画設計

ターゲット別サイトの構築

写真店向けサイト NORITSU.INFO(当サイト)、消費者向けサイト refocus[+]と、サイトを分けて構築することで、よりターゲットのニーズに則した魅力的な情報提供、訴求力の高いデザイン設計を行うことが可能となりました。

消費者向けサイト refocus[+]

情報設計

ターゲットを拡張したことにより、会員専用(一般非公開)コンテンツの再編成、全コンテンツの再編成、ナビゲーションラベルの見直しを行いました。

また、商品紹介から各種サポート、商品引き合いに繋げる導線設計を行うことによって、従来の会員ログインシステムの改定が必要となりました。ログイン後は個人情報の入力が不要になるなどの従来の会員配慮はそのままに、ログインパターンを洗い出し、ページ閲覧の妨げにならないよう、使いやすさに配慮しました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

集客から送客へ

当サイト NORITSU.INFOで登録した店舗情報は、消費者サイト refocus[+]にページが生成され、地域・サービスごとに店舗検索することができます。これによって写真店様はサービスに関心のある、または購買意欲のある良質な消費者を得ることが可能となります。

多様な情報ニーズに応える商品紹介

旧サイトの商品紹介は、カタログと同等の詳細情報を掲載しており、個々の商品が持つ特長をつかむ為に、膨大な情報を読み解かなければいけませんでした。
そこで、当初検討したのは、商品の特徴・メリットを簡潔に掲載し、資料請求やお問い合わせから対面営業につながるような情報設計です。この時点でページに課した役割は、あくまで「営業サポート」的な位置づけです。

しかしながら、意見交換の中で、顧客ニーズの観点から十分な情報提供への対応も行いたいとの要望があがり、「営業」的な役割を持つ商品紹介へと再設計を行いました。
新サイトの商品紹介は、商品概要から商品特長(商品詳細)、スペックの3ページに情報を分割して流れを作ることで、1ページで商品特長を伝えつつ、詳細情報へのニーズに対応できる設計となっています。

デザインコンセプト:人と人、企業と企業のコミュニケーションを促進

写真には見る人の心を動かす力があります。「あざやかな色」「印象的な色」「やわらかな色」「情熱的な色」…。このように色を表現するにもさまざまな例えがあります。この考えのもと写真処理機器が写しだす「色」を「人と企業」に見立て、人と人、企業と企業のコミュニケーションを促進させることができるようにデザインコンセプトを設定しました。

デザインのトーン&マナー

余分なデザイン表現や装飾は極力やめ、必要な情報をシンプルにデザインすることで、伝えたい、知ってもらいたい情報を視覚的、直感的に頭に入りやすくするデザインを心掛けました。
また情報量が多いため、余白の扱いに注力しデザインしました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

公開後、更新作業などの保守・運用をサポートしています。

全体レビュー (獲得成果)

  • 会員登録数の増加
  • お問合わせ数の増加