ホテルのウエディングサイトをリニューアル。会場の魅力を新コンセプト、デザインで表現。

京都東急ホテル様のウエディングサイトのリニューアルを担当させていただきました。ウエディング激戦区と言われる京都でのポジショニングを明確にすべく、他会場の差別化を図るとともに、ホテルの強みを引き出すコンセプト、デザイン表現に取り組みました。

クライアント概要
会社名
株式会社京都東急ホテル
事業内容
ホテル業
本社
京都市下京区猪熊通り五条下ル柿本町

WORKFLOW 01 - 初期提案

「京都東急ホテルだけの魅力」を表現するウエディングサイトへ。

ホテル本体サイトのコンペを経てご指名いただき、最初に取り組んだのが、このウエディングサイトの構築でした。中庭やロビーをはじめとする京都東急ホテル様の内観は、景観賞などの栄誉に輝くほど魅力的。リニューアル前のサイトもシンプルかつ上品なデザインで展開されていたものの、それは「他会場でも成り立つデザイン」でした。
今回のリニューアルでは、京都らしさを感じさせるホテルの内観、世界遺産である西本願寺そばに位置する落ち着いた立地、そしてホテルならではのおもてなしなど、「京都東急ホテル様にしかない魅力」を表現するウエディングサイトの構築をめざしました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

すべてをメリットに転換するコンセプトで、ソフト・ハードの両面から魅力を訴求。

全面リニューアルによるブランドの強化を目指して、まずは定期的なミーティングを重ねながら、コンセプトの構築に取り組んでいきました。駅からやや離れている、コンパクトなチャペルという点を、「落ち着き」「ゲストとの距離が近い」というメリットに転換。ブライダル部門の皆様からの『ゲストへの感謝』というキーワードをもとに、『こころ満ちる、密になる。Kyoto Heart • Full Wedding』というコンセプトを策定し、京都東急ホテル様の魅力を、ソフト・ハードの両面から伝えるべくコンテンツに落としこんでいきました。

コンテンツ設計/こころ満ちる物語

京都東急ホテル様のチャペル・会場を舞台にした架空のウエディング・ストーリーを構成。写真やスペックだけではなかなか伝わりきらないその魅力を、心の交流の舞台という形で表現することで訴求を図りました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/「京都らしさ」と「水」をモチーフに、華やかさを添えて。

京都東急ホテル様の最大の魅力は、本来「洋」であるホテルの中に、京都らしさを感じさせる「和」のテイストが融合した内観。そこに、ホテルの象徴とも言える中庭の滝のイメージも重ねあわせ、「和」テイストと「水流」が融合したデザインを構成していきました。その上で、ウエディングならではの華やかさも、あしらいや色合いを調整しながら、バランスよく表現していきました。

システム/CMS導入で運営を効率化。

更新性の高い「お知らせ」と「ブライダルフェア」においてCMSを導入しました。登録項目をひとつずつ精査することで、誰もが迷わずに操作できる管理画面を目指しました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

公開後は、定期保守運用を担当させていただき、コンテンツの更新・修正などを行っています。

全体レビュー (獲得成果)

何度も足しげく通うことで信頼関係を構築できたと感じます。特に、実際の結婚式まで見学させていただいたことは、強く印象に残っています。