生産者の想いに焦点をあてた構成で商品価値向上とブランド認知を強化。

日本におけるオーガニック養鶏の先駆的存在、黒富士農場様のコーポレートサイトです。豊かな自然環境と飼育環境へのこだわりをコンパクトに集約して有機畜産への理解を促進。生産の背景に重点を置いたブランディングによって新規顧客獲得をめざしました。

クライアント概要
会社名
農業生産法人 黒富士農場
事業内容
卵の生産・販売など
本社
山梨県甲斐市上芦沢1316

WORKFLOW 01 - 初期提案

強みを明確にし、生産者の想いが伝わる構成に

山梨百名山に囲まれたロケーションで鶏を平飼いし、安心安全でおいしい卵を生産している黒富士農場様。ブランド認知のさらなる拡大を目的にサイトリニューアルを計画され、私たちのブランディング実績を評価の上で、指名発注していただけました。山梨県と大阪府という遠距離でのご指名はとてもうれしく感じました。

リニューアル企画にあたり、まずは既存サイトの全ページ調査を実施。情報量は多いのですが整理が不十分で、最大の強みである「オーガニックの取り組み」が伝わりにくい状態でした。そこで、最も伝えたい内容を「こだわり」としてまとめ、グローバルナビに配置しアピールを強化。キャッチコピーも刷新し、生産者の想いが伝わるサイトをめざしました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

生産背景や社会活動にスポットをあて、商品価値のさらなる向上をめざす

黒富士農場様のメイン顧客は素材に対して目の肥えた料理店や百貨店のバイヤーであるため、他農場にはない個性や強みを明確かつコンパクトに訴求して商品への興味喚起を促すことが重要と考えました。そこで、オーガニック養鶏への徹底した姿勢をまとめた「こだわり」と、積極的な共同研究や地域貢献活動をまとめた「とりくみ」の2つをトップページのメインエリアに配置し、初めてサイトを訪れた人の目にも留まりやすい構成にしました。

コンテンツ設計/こだわりをコンパクトに集約して理解促進

生産背景への関心や理念への共感が購買意欲・取引意欲につながるように、短時間で農場の魅力を把握できるようなページ設計を心掛けました。

コンテンツ設計/プロ専用初回お試し卵セット

遠方の百貨店や料理店のバイヤー向けに「プロ専用初回お試し卵セット」の実施を提案。メインターゲット向けの専用ページを作ることで効果的なアピールを行い、コンバージョン強化に配慮しました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/硬軟のバランスに配慮して安心感と説得力を醸成

ノスタルジックな線画や柔らかなフォントをアクセント的に採用し、丹精込めた卵づくりを想起させる「手仕事感」を表現。その一方で、可愛らしい印象が先行しないよう、オーガニック養鶏にかける強い想いや真摯な取り組みを語るキャッチコピーを視覚的に際立たせて、生産者のメッセージがしっかりと伝わるデザインを意識しました。

システム/お知らせにCMSを設置し、情報発信をサポート

お客様の方で更新できるシステムを構築。写真を添えた記事を投稿するなど、積極的にご活用いただけています。

全体レビュー (獲得成果)

事前にお客様と要点を共有できる資料を用意してSkype会議に臨むなど、迅速丁寧な対応を第一に心掛けた結果、お客様の想いや要望を引き出しながらスムーズに進行することができました。遠距離の場合は電話やメールでのやりとりが主になるため、いつも以上に細かな配慮が大切だと改めて感じました。

サイト制作を通じて黒富士農場様の真摯な想いと誠実な取り組みに触れていく中で、「オーガニック卵」という名称を使うには餌や水から、飼育環境、土壌の整備まで、鶏を取り巻くすべてにおいて国が定めた厳しい基準をクリアされていることを知り、大きな感銘を受けました。皆様もサイトを通じて卵という身近な食材に対する価値を再発見していただき、並々ならぬこだわりで生産された「リアルオーガニック卵」をぜひお試しいただけたらと思います。

リアルオーガニック卵へのリンク http://www.kurofuji.com/item/organic/