「くまモン」の持つ世界観を表現するとともに、よりキャラクターをたたせるような演出を。

平成23年3月の九州新幹線開業に伴った熊本県の観光プロモーションサイトです。

新聞・ポスター・交通広告からラジオまで大規模なメディア展開をする中、WEBサイトのプロモーション展開をお手伝いさせていただきました。

クライアント概要
会社名
株式会社ジェイアール西日本コミュニケーションズ
事業内容
JR西日本の交通広告の開発・販売・管理等、交通広告・マスメディア広告・インターネット広告等の企画・提案、マーケティング・リサーチ、メディアプランニング、セールスプロモーション
本社
大阪市北区梅田2-5-2(新サンケイビル2F)

WORKFLOW 01 - 初期提案

ブランド価値向上と認知獲得の強化を目指して

新聞・交通広告・ラジオなどWEB以外の様々なメディアとも連携する、ストーリー性のあるキャンペーンになりますので、より相乗効果を上げられるようなWEB展開を考えました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

ティザー期/キャンペーンの説明と期待感の醸成

ティザー期では、キャンペーン概要の説明と期待感の醸成を目的として取り組みました。

各駅のランドマークや熊本県の名産をキャラクター化するなど、見る側にとって親しみやすくなるような工夫も行ない、くまモンの持つ世界観を表現しました。


キャンペーン期/キャンペーンの山場を盛り上げるSNSの活用

キャンペーン期では、動画を中心に展開しました。

動画での展開では、FacebookやTwitter・mixiボタンなどのSNSを活用し、ユーザー同士のコミュニケーションが生まれ、計4つある動画の再生回数は平均1万回を超え、多くのユーザーに見てもらうことができました。


フォロー期/ユーザーとの繋がりを深めるフォロー期

フォロー期では、名刺配り1万枚達成の報告と、壁紙・デコメ配信を行いました。

壁紙・デコメの配布については、ただ配布するだけではなく、くまモンルーレットと称し、ちょっとしたエンターテイメント要素を加えました。Twitterからのくまモンに関するつぶやきは多く、キャンペーンが終了した後でも、関西圏での認知が広がったのだと実感することができました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

くまモンの世界観を表現するビジュアル展開

くまモン独特の世界観を崩さないよう、キャラクター以外の部分はすべて弊社で描き起こし、統一した世界観を表現しました。

キャラクターを活かすための細かい演出

熊本名産品をキャラクター化したりし、その小さなキャラクターにもFLASHで動きをつけるなど、楽しさや賑やかさを出すための小さな演出もしています。また各ボタンのロールオーバーの処理、クリックした際の演出にもこだわり、サイト全体を楽しんでもらえるようなつくりにしました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

キャンペーンサイトのため、公開後の運用は特に行っておりません。

全体レビュー (獲得成果)

2010年度のくまモンのPR効果を広告料に換算すると「6億4000万円」になる、という記事が2011年5月8日の熊本日日新聞記事に掲載されました。

弊社でも、キャラクターを使った本格的なプロモーションは初めての経験でしたが、満足できる結果となりホッとしています。このようなプロモーションコンテンツに参画させていただき、様々なご調整をいただいたプロジェクト関係者の皆様には本当に感謝しています。ありがとうございました。