公共交通機関ポータルサイトのあるべき姿を提案

JR西日本が運営している鉄道情報ポータルサイトです。 時刻表検索、きっぷやホテルのネット予約、観光情報やキャンペーントの紹介など、おでかけに役立つ情報をタイムリーに提供しています。

以前のJRおでかけネット制作実績はこちら

クライアント概要
会社名
西日本旅客鉄道株式会社
事業内容
旅客鉄道事業および海上運送事業
本社
大阪市北区芝田二丁目4番24号

WORKFLOW 01 - 初期提案

<プロジェクト経緯/継続的なリニューアルプロジェクトへの参画>

私たちが初めてJRおでかけネットリニューアルを担当させていただいたのは2002年の秋でした。大手企業様のサイト制作実績を評価いただきお声がけいただいたのがきっかけです。
以降、年1~2回のペースで継続的にリニューアルを担当させていただいています。
JRおでかけネットのような大規模サイトの場合、高いレベルのサイト設計技術と、営業施策やサイト運用ルールに対する深い理解が必要となってきます。
その両方において評価をいただいていることが継続的な受注につながっています。

2007年のリニューアルは、

  1. ユーザビリティを向上させ、「便利な鉄道サイト」としてリピーターを獲得する
  2. 観光情報を充実させ、「旅行に便利なサイト」として旅行目的のユーザーを囲い込む

以上の内容を目的としてスタートしました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

サイト設計/ユーザビリティの向上と観光情報の充実でリピーター獲得へ

JR西日本様からは以下の課題がありました。

  1. ユーザーが求める情報へのスピーディーな誘導
    施策として、グローバルナビゲーションを大きく3つの情報カテゴリへ変更しました。
    従来はナビゲーションからコンテンツ間を遷移する仕様でしたが、この変更により各カテゴリトップでそれぞれに属する情報を一覧することが可能となりました。
    なかでも鉄道情報の要となる検索ツールを一箇所に集約し、情報への入り口を見つけやすくしました。
  2. サイト内外からのリンク強化
    主に時刻運賃検索結果からそれに関係する商品情報への動線強化と、SEOへの対応が必要でした。
    施策として、検索結果画面をリニューアルし、検索結果に応じた商品情報を配置することにしました。 SEO対策としては、テーブルコーディングからフルCSSコーディングへ変更し、マークアップを徹底しました。
  3. 観光情報の強化と連動して商品情報の発信へ
    観光情報やJRのきっぷ情報、商品情報を「おでかけ情報」として情報を統合し、新規のページを立ち上げました。
    旅行目的のユーザーを囲い込むと当時に、きっぷの売上アップを図ります。

全体としてこだわった点は、膨大な情報を擁するサイトであるため、サイト上階層に配置する情報の取捨選択でした。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/あらゆるユーザーに対して使いやすいサイトへ

検索や予約など、さまざまなシステムが導入されているサイトなので、初めてアクセスするユーザーでも簡単に利用できるように以下の点を工夫しました。

  • ユーザーが必要な情報へ辿り着きやすいレイアウトへ
  • 限られたスペースの中で、いかにわかりやすく内容を表現するか

鉄道関係の検索なら、タブを利用して1ページにまとめるレイアウトにしたりと、利便性を図りました。
アイコンを利用したり文字の色や太さの工夫で、視覚的に内容が伝わりやすくなるようにしています。

システム開発/シンプルかつ安定したサービス提供を

トップページで、鉄道情報をタブ表示で検索させていますが、各OS、javascriptの有無などによってタブ表示方法を切り替えています。 ユーザーの環境によって、使用できるサービスが左右されることがないように工夫しました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

サイト保守

「おでかけ情報」ページの特集は、月次更新を担当予定しています。

全体レビュー (獲得成果)

準備中