会社案内サイトから成果獲得型サイトへの進化

日本郵政のグループ会社であるJPロジサービス様のコーポレートサイトです。
企業情報などの基本的な情報はもちろん、JPロジサービスの強みや提案事例なども掲載しています。

クライアント概要
会社名
株式会社JPロジサービス
事業内容
郵便物・宅配便及びメール便の作成及び差出しに関する業務
他人の委託を受けて、輸送、保管、荷役、流通加工その他の貨物の流通に係る業務
倉庫業
物流業務に係るコンサルティング業務
売買代金等の集金代行業務
前記に関連または付帯する一切の業務
本社
大阪市中央区北浜東 3番9号
日本郵政グループ大阪ビル

WORKFLOW 01 - 初期提案

会社案内サイトから成果獲得型サイトへ

JPロジサービス様とは、2002年の新規サイト構築時からお付き合いさせていただいており、日々の運営を通じた業務への理解度などから今回もお声がけをいただきました。

前回は会社案内としてサイト構築を行いましたが、経年に伴う内容の陳腐化や環境の変化、サイト表現手法の古さなど、さまざまな問題が浮上してきていました。

そこで今回のリニューアルでは、従来の会社案内型サイトではなく成果獲得型サイトとして、営業力強化・認知度アップ・採用情報の強化を軸にご提案させていただきました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

提案型サイトへの進化

会社案内型サイトから成果獲得型サイトへの進化のため、下記の3つにポイントを絞りました。

  • 営業力強化
    営業力強化のためにはお客様視点にたったコンテンツが必要です。
    そこで、JPロジサービス様の提案力の高さを訴求するための「提案事例」と、品質・サービス力の高さが端的にわかる「JPロジサービスの強み」を新設しました。
    また、それらをより効果的に訴求するため、トップページでは印象的なビジュアルと共に強みを打ち出したり、業種別・目的別提案を分かりやすく配置するなど、各コンテンツへの導線強化を図りました。
  • 認知度アップ
    認知度アップ施策としてましては、検索エンジンに合わせたページタイトルの最適化やサイトリンク構造の見直しなど、細かい部分からの見直しを行いました。また用語集コンテンツを新設するなどの施策も行いました。
  • 採用情報の強化
    物流業界は業務内容が分かりづらい業界であると言われています。
    そこで、業務内容を分かりやすくみせる動画コンテンツの新設や先輩社員の紹介を行い、具体的にイメージしやすい内容にし、企業理解の促進を図りました。
原稿の新規作成から写真・動画撮影まで

新設したコンテンツは当然、原稿・写真素材がありませんでしたので、一からの素材手配を行いました。
原稿については、おおまかな掲載内容のご提案からリライトまで、写真素材についてはプロのカメラマンを手配し、現地での撮影を行いました。

動画についても撮影から編集までと、素材手配についてもトータルにお手伝いさせていただきました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

日本郵政グループとしての信頼性

郵政グループとしての信頼性が大きな強みでもありますので、大きな方向性としては日本郵政のイメージを踏襲したデザインを採用しました。

ただ、あまりに日本郵政のデザインを踏襲しすぎるとデザイン的に画一的なものになってしまい、JPロジサービス様の個性がなくなってしまうので、踏襲する中でもいかに個性を表現するか、を試行錯誤しました。

競合他社では物流業界という特性上、抽象的なビジュアルを使用することが多いのですが、JPロジサービス様は非常に「人」を大切にする企業様でもあり、そこを一つの個性と捉えて、サイト全体を通じて「人」が見えるデザインを心がけました。

そうすることで、JPロジサービス様の個性を演出することができ、また他社との差別化を図ることが出来ました。

内容の理解促進を助長するデザイン

ネットリテラシーがあまり高くないユーザーが利用することが予想されますので、出来る限り見出し文字は大きくし、流し読みするだけで、おおまかな内容を把握できるようなつくりにしています。

WORKFLOW 04 - 公開運用

サイト公開後も継続して保守運用を担当させていただいております。

全体レビュー (獲得成果)

公開後、順調にアクセス数も伸び「お問い合わせ数が増加した」とのご連絡をいただきました。
また採用についても、面接や説明会に来られる方々の企業理解が今まで以上に深まっているとのことで、私たちにとっても納得のできる仕上がりとなりました。

まだまだ発信できていない情報も多いですが、より多くの方々にJPロジサービス様を知ってもらえるよう、今後も取り組んでいければと考えています。