マス広告展開と連動したサービスを啓蒙

NTT西日本が提供する通信サービス「フレッツ」のサービス紹介サイトです。
サービス啓蒙、導入シュミレーションを軸に申し込み獲得を目的として展開しています。

クライアント概要
会社名
西日本電信電話株式会社
事業内容
西日本地域における地域電気通信業務、およびこれに附帯する業務、目的達成業務、活用業務
本社
大阪府大阪市中央区馬場町3番15号

WORKFLOW 01 - 初期提案

プロジェクト経緯/膨大な情報の整理とマーケティング施策を

「理解・納得媒体へ発展」という目標のもと、リニューアルを担当させていただきました。
まずは、多岐にわたるサービス形態と膨大な情報量の整理をすることからスタート。
更に主力サービスであるアクセスラインサービスのマーケティング施策を提案しました。
リニューアル以降も、年間を通して継続的に運用・改善に関わらせて頂いています。

WORKFLOW 02 - 企画設計

企画構成/理解納得・申込促進

フレッツ公式サイトでは、多岐にわたるサービス紹介とサポート情報を提供しています。
サービス毎にターゲットユーザーも存在するため、まずは情報整理とナビゲーションの見直しを行いました。さらに主力サービスであるアクセスラインサービスの購入窓口となるべく、入念なペルソナ設定からコンテンツを検討し、料金シミュレーションや各種ガイドコンテンツ等を提案しました。

サイト設計/知識レベルの違いを考慮

グループインタビューの結果、ユーザーの知識レベルもさまざまであり、求めている情報も当然ながらさまざまです。
知識レベルの低いユーザーでも、膨大な情報の海に溺れること無く、目的の情報へ辿り着けるように、サイト設計とラベル名に注力しました。

コンテンツ設計/ユーザーが求めるものを提案

グループインタビューでニーズが高かった「料金情報」を、ユーザー条件毎に知ることができる「光プラン・料金シミュレーション」を提案しました。
開設当初より大きな反響を呼び、新たなロジックの追加や使い勝手の追及など、継続的な改善施策を行っています。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/煩雑しがちな情報を統一デザインでカバー

情報量が多いため煩雑なページにになりがちですが、プロジェクト当初にデザインルールを策定し、すっきりと見やすいデザインに仕上げました。
また、アイコンなど視覚的な要素を効果的に配置し、見ていて疲れないように留意しました。
各サービスのカラーも活かしつつ、サイトキーカラーを崩さないよう工夫しています。

デザイン/ターゲットの知識レベルを意識

デザインを統一し、サービスブランドを維持することと同時に、各コンテンツにおけるターゲットの知識レベルに合わせたインターフェースを意識しています。

WORKFLOW 04 - 公開運用

サイト更新作業/通年の改善施策を担当

サイト公開後は主要コンテンツの更新作業を担当させていただいています。

全体レビュー (獲得成果)

直帰率を大幅に減少

リニューアル後、トップページの直帰率が大幅に減少。
サイト全体のページビュー数も向上しました。
今後もユーザーニーズに合わせた導線設計を意識しながら、より売上に貢献できる媒体への発展を目指していきます。