蓄積された情報を再構築し、今後のベースとなる拡張性の高いサイトへ。

ダイドードリンコ様の提供によるテレビ番組『ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り』のサイト『ダイドー祭りドットコム2013』『〃2014』を制作させていただきました。

クライアント概要
会社名
ダイドードリンコ株式会社
事業内容
コーヒーを中心とする嗜好飲料・健康飲料等の製造販売
本社
大阪市北区中之島2-2-7中之島セントラルタワー
代理店
株式会社 博報堂

WORKFLOW 01 - 初期提案

日本の祭りを盛り立てる活動を、わかりやすく伝えていくために。

ダイドードリンコ様では“Dynamic Do”の企業スローガンのもと、2003年より全国各地に伝わる祭りを応援されており、この活動には、座長としてエジプト考古学者(工学博士)早稲田大学名誉教授 吉村作治先生も参加され、テレビ番組の放映等を通じて、地域活性化と祭り文化の啓蒙を行われています。また、「NPO日本の祭りネットワーク」立ち上げにも貢献され、さらなる啓蒙活動を続けられています。そのような活動と姿勢に私たちも共感を抱き、代理店である博報堂様とともに企画検討を進めてきました。

番組情報サイト『ダイドー祭りドットコム2013』の制作と同時期に、NPOのサイトも立ち上げていたため、活動の内容や趣旨をわかりやすく伝えていくうえでも、両サイトの位置づけの明確化が課題でした。そのため番組情報サイトは興味喚起を図る「ダイドードリンコが応援する祭りの情報サイト」、NPOサイトはライブラリ性のある「全ての日本の祭りの総合情報サイト」としてのすみ分けをご提案。コンテンツの精査・振り分けを進めていきました。同時に、運営コスト削減のためのシステム導入、サイト用途を考慮してのスマホ対応などもご提案しました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

過去の資産を活かし、これからのベースとなるサイト設計を。

過去10年以上にわたって取り組まれてきたこの活動およびサイトには、数多くのコンテンツが蓄積されていました。それらの資産を活用するとともに、無理なく更新していける仕組みやニーズに応じてのスマホ対応などを実施し、今後の活動のベースとして活用していけるサイトを目指しました。

システムの導入

これまでのサイトでは、手作業での更新だったため、運営コストがかさむデメリットがありました。そこでシステムを導入することで、コンテンツの管理を行いやすくするとともに、新規コンテンツの追加も効率化。更新性を高めることでサイトの発信力強化を図りました。

スマートフォン対応

祭り紹介ページでは、印刷用PDFのダウンロードが可能で非常に利用率が高く、実際に祭りに持っていく方が多いものと考えられました。そこで、現場でのさらなる情報検索に対応するため、サイトのスマートフォン対応をご提案しました。

コンテンツ設計/祭り写真館

地域の方々にとって、その祭りは非常に思い入れの深いもの。写真の入れ替えのご要望にお応えしやすくするために、『祭り写真館』のFlash利用を廃止。制限がなくなり、よりダイナミックに写真を見せることができると同時に、スマートフォンでも閲覧可能となりました。

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/祭りの魅力を臨場感たっぷりに伝えるデザインに。

前年度のサイトは装飾を多用したデザインとなっていましたが、担当させていただいた2013年度のサイトでは、祭りの写真をシンプルかつインパクトのある構図で掲載。写真を大きく掲載し、原稿とのメリハリを付けるなど、臨場感や空気感といった“祭りの熱”を伝えることに注力することで、サイトの目的達成の一助となるようデザインしていきました。これまでは年度ごとにデザインリニューアルが行われていましたが、このデザインは非常に気に入っていただき、引き続き担当させていただいた2014年度のサイトでもほぼそのまま踏襲されることとなりました。

デザイン/コンセプトを伝えるイントロダクション。

テレビ番組を観た方、ポスターやリーフレットなどのツールを見た方が訪れるWebサイトは、いわばハブとなる存在でもあります。イントロダクションでは、『人が集まる。地域がつながる。』というコンセプトをコピーとビジュアルで表現し、目的である“無形文化遺産への登録”に向けた旗印となるようにとの想いを込めました。

システム/コンテンツごとに最適なシステムを導入し、開発コストを抑制。

シンプルなコンテンツについては、開発コスト抑制のため、ASPなどの外部システムのカスタマイズやWordPressの導入で対応。『祭り写真館』やインタビューなどのメインコンテンツについては、素材の魅力を最大限活かすために、独自でのシステム開発を行いました。

WORKFLOW 04 - 公開運用

定期保守 / 公開後の運用サポート

公開後の運用を担当させていただいており、ログ解析結果を受けての改善提案も実施しています。また、2013年度サイトに続き2014年度サイトの制作もご依頼いただきました。

全体レビュー (獲得成果)

各地方のテレビ局を含む関係者が集う「ダイドードリンコ日本の祭り」出陣式には、毎年私たちも参加させていただき、そのたびに「日本の祭りの素晴らしさ」とそれを盛り立てようという皆さんの熱意を肌で感じています。今後もサイト制作を通じて祭りの素晴らしさの啓蒙をサポートしていければと思います。